タケダのユーグレナ緑の習慣DHA・EPAを実際に飲んでみました

タケダのユーグレナ緑の習慣DHAEPA

 

青魚のサラサラ成分であるDHA・EPAと栄養バランスに優れ59種類もの栄養素を持つユーグレナを組み合わせたサプリメントです。

 

DHAやEPAとユーグレナを組み合わせたサプリメントというのは他に見たことがありません。ユーグレナは和名でミドリムシと呼ばれます。ミドリムシの方が親しみがあるかもしれません。ユーグレナは藻類の仲間でひじきやわかめが同じ仲間です。

 

植物と動物、両方の性質を併せ持つことで植物性と動物性の栄養素を持っていることがわかっておりなんと59種類もの栄養素を含まれています。

 

アミノ酸・ビタミン類・ミネラル・不飽和脂肪酸・その他にも栄養成分を含んでいます。ですので、ただDHAやEPAだけが配合されているサプリメントより一度に多くの栄養素をまとめて摂取することが可能です。

 

・アミノ酸 18種類

バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン

・ビタミン類 14種類

αカロテン、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

・ミネラル類 9種類

マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

・不飽和脂肪酸 11種類

DHA、EPA、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、パルミトレイン酸、エイコサジエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモy-リノレン酸

・その他注目成分 7種類

パラミオン(βグルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

 

全て合わせて59種類もの栄養素になります。DHA・EPA合わせて400mg、ユーグレナも500mgと一つ一つの配合量は多くありませんが、DHA・EPAはしっかり400mg摂取が可能です。

 

タケダのユーグレナ緑の習慣のパッケージをチェック

タケダのユーグレナ緑の習慣DHAEPA

 

・原材料

DHA・EPA含有精製魚油、ユーグレナグラシリス/ゼラチン、グリセリン、乳化剤、着色料(カカオ)

 

原材料としてはDHA・EPA含有精製魚油、ユーグレナグラシリスです。DHA・EPAだけでなく、ユーグレナで様々な栄養が一度に摂取できるのは大きいですね。

 

・栄養成分(6粒中)

エネルギー 21.02kcal
たんぱく質 0.95g
脂質 1.67g
炭水化物 0.55g
食塩相当量 0〜0.10g
--------------------
ユーグレナグラシリス 501.0mg
DHA 310.5mg
EPA 91.8mg

 

栄養成分としてユーグレナが501mg、DHAが310mg、EPAが約92mg摂取できます。ただ、6カプセルと結構多い量を飲む必要があります。

 

また、栄養素がたくさん入っていますが少しずつの量ですので1日の栄養素がとれるというわけではありません。普段の食事にプラスして摂取できない栄養素を補うというのが正しい考え方でしょう。

 

実際、タケダのユーグレナ緑の習慣DHA・EPAの味や匂いは?

タケダのユーグレナ緑の習慣DHAEPA

 

魚臭いとか緑臭いとかそういった匂いは全くありません。無臭です。味も無味ですので魚が苦手な人も野菜が苦手な人も問題なく飲めます。

 

ただ、1日に6粒が摂取量の目安です。ちょっと量が多いですね。粒自体も大きめですので1度に6粒飲むのはまず怖くて飲めません。2粒くらいで3、4回に分けて飲まないといけません。

 

よくある質問

緑の習慣との違いは?

今回試した「タケダのユーグレナ緑の習慣DHA・EPA」は2017年4月に販売開始された新商品です。緑の習慣は国産野菜の大麦若葉、明日葉、ケールをユーグレナと配合した粉末青汁のようなものです。

 

緑の習慣DHA・EPAはユーグレナとDHA・EPAを配合したサプリになりますのでまったく違います。野菜不足なら緑の習慣。青魚を全く食べないという人は緑の習慣DHA・EPAがオススメです。

 

タケダのユーグレナ緑の習慣DHA・EPAが安く買えるのは?

公式サイト お試し10日間セット 1,000円
Amazon 6,110円
楽天市場 取り扱いなし

 

通販限定商品となっていて、公式サイトではお試し1,000円で10日分の緑の習慣DHA・EPAが試すことができます。たった1,000円でお試しできるのでちょっと飲んでみたいという人にはぴったりです。

 

あわせて読みたい記事