子供でも飲ませられるDHAサプリを比較してみました

遊んでいる子供

 

DHAを摂取することでスムーズに情報伝達を行える効果があると言われています。

 

お子さんの勉強しやすい環境づくりを整えるにはDHAをたっぷり含む青魚を食べることはとても良いことです。

 

魚嫌いのお子さんだとDHAやEPAは青魚に多く含まれる成分ですから、なかなか摂取できないことになります。

 

そこで、オススメなのがDHAやそのほかの栄養成分を配合しているサプリやドリンクです。

 

まったく魚臭くなく仕上がっているので魚が嫌いなお子さんでも飲んでくれるんです。

 

メーカーによっては、子供への摂取をオススメしていない商品もありますので、必ずメーカーに確認をしてからあげましょう。

 

一般的なDHA・EPAサプリは小さい子供には粒が大きいので飲み込みにくく下手したらノドに詰まって事故につながりますので絶対にあげないでください。

 

当サイト管理人が購入したDHA配合サプリ・ドリンク

子供向けDHAサプリ・ドリンク

 

当サイトの管理人にも子供が3歳と8歳の娘がいます。幸いなことに魚は好きで焼き魚を食べてくれますが、焼き魚だとDHAが酸化して流れ出してしまいますから将来のことを考えて買ってみました。

 

  • こどもDHAドロップグミ(ユニマットリケン)
  • こどもの頭脳サポーターDHA(ニッスイ)

 

今回購入したのは2商品で左がドロップグミとなります。右はDHAを配合しているニッスイのこどもの頭脳サポーターです。グミとドリンクを購入しました。まだ小学生と保育園児なので噛みやすいグミや飲みやすいドリンクがいいかなと思ったからです。

 

商品 配合量 価格
こどもDHAドロップグミ

こどもDHAドロップグミ

DHA 47.8mg
EPA 12.3mg

1,143円(38.1円/日)
こどもの頭脳サポーターDHA

こどもの頭脳サポーター

DHA 131mg
EPA 36mg

2,640円(110円/本)

 

1日あたりDHA・EPAの摂取目安量1,000mgというのがありますが、それは成人の男女の話であって未成年の子供に関する摂取目安量の参考がありませんでした。ただ、ニッスイでは「1本で1日のDHA・EPA摂取目安量の約3分の1が補えます」と書いてあります。これは厚生労働省の「2010年日本人の食事摂取基準」に基づき3〜5歳を想定してニッスイが試算した計算値になっています。

 

3〜5歳でも1本でDHA・EPAを167mg配合されたドリンクを飲んで3分の1ですので1日に約500mg程度が目安となりそうです。

 

実際、3歳の子供にドリンクを飲ませたところ大変好評で「もう1本飲みたい!」とグズられたくらいです。好評すぎて毎日1本に抑えるのが大変なくらいですのでグミを上げたりすると袋全部食べたいと言いそうですからあげていません(笑)

 

原材料を比較してみた

こどもDHAドロップグミ 砂糖、水飴、DHA含有精製魚油、温州みかん果汁、粉末オブラート(大豆を含む)、でん粉/ソルビトール、ゲル化剤(ペクチン)、光沢剤、香料、pH調整剤、乳化剤(大豆由来)、ビタミンE、増粘剤(アラビアガム)、パプリカ色素
ニッスイこどもの頭脳サポーター 砂糖、果糖ぶどう糖、液糖、脱脂粉乳、もも果汁、乳等を主要原料とする食品、精製魚油(DHA・EPA含有)、ビタミンC、乳化剤、安定剤(ペクチン)、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)

 

原材料を見ると子供が飲みやすいように砂糖が多く配合されているのがちょっと気になりますね。魚を食べてくれるのであれば魚を食べたほうが一番ですが、食べてくれないのであればOKとするべきかもしれません。サプリだと添加剤を減らせますが、3歳〜5歳とかだとドリンクのほうが飲みやすいのでしょうがないのかなと思います。

 

その他ネットやAmazonで買える子供用サプリ

商品 配合量 価格
AFC 親子100組が選んだキッズサプリ DHA、乳酸菌、鉄、カルシウム、 1,800円
こどもIQサプリ

DHA 10mg、GABA 10mg、PS 0.8mg 1,425円
ハッピープラス こどもDHA

DHA 121.5mg、EPA 22.5mg 、リノレン酸 202.5mg 2,980円
コプリナ キッズDHA

DHA 70mg、EPA 7mg、ビタミンA、D、E 2,050円

 

子供向けなのでタブレットタイプが多いです。子供の成長に合わせてDHAだけでなく、他の栄養素も一緒に摂れるサプリのほうがオススメです。