DHAEPAサプリは頭痛持ちに効果があるのか?

頭痛持ちの男性

管理人も頭痛で悩んでいました

 

DHAEPAサプリの口コミを見ていくと頭痛に効果があった!という口コミをちらほら見かけました。私自身も頭痛持ちでしたので効果があるのかどうか気になるところでした。

 

様々なDHAEPAサプリを実際に買ってレビューしていく中で定期的に起きていた頭痛に悩まされることがなくなったことに気づきました。

 

片頭痛と緊張型頭痛の違いについて

片頭痛 片頭痛は頭部の血管が膨張して炎症をおこし脈動に合わせて神経が刺激されてズキンズキンと痛みが起こります
緊張型頭痛 血流が悪くなり乳酸など疲労物質が溜まり、神経を刺激されて頭がぎゅーっと締め付けられるような痛みが発生するといわれています

 

偏頭痛の原因のひとつとして「頭の血管が拡張して炎症をおこし神経を圧迫して刺激を起こす」という説があります。また、頭痛持ちの7割が「緊張型頭痛」といわれており、頭がぎゅーっと締め付けられるような痛みを伴う症状です。これは血管が収縮して血流が悪くなって起きる頭痛ですので、サラサラ成分のあるDHAやEPAサプリを摂取ることは頭痛持ちの方に効果が期待できます。

 

私の場合、片頭痛というより緊張型頭痛の症状です。土曜日に多かったのですが仕事が休みの日に朝起きると頭痛が起きて長い時には夕方まで頭痛が続きました。前日に飲み会など深酒したわけでもないので二日酔いでもありません。ほぼ毎週頭痛が起きていた時には土曜日が来るのが憂鬱でした。

 

DHAEPAサプリの魚油がいい

DHAEPAサプリに含まれるEPAには主に常温でも固まりにくい青魚の油が配合されています。ほかにサポート成分として納豆などのナットウキナーゼなども配合されています。DHAという成分は脳内に存在している成分です。体内で作ることのできない成分ですので魚の刺身などを食べて摂取しなければいけません。

 

2006年にはメタボリックシンドロームという言葉が流行語になりました。肥満症の人が増え中性脂肪やコレステロール値などを健康診断で指摘する人もどんどん増えています。DHAEPAサプリを摂取し続けて中性脂肪やコレステロール値が下がったという口コミも見かけますし、片頭痛が減ったという口コミも実は見かけます。

 

EPAには血液の流れをスムーズにする効果がある

これはなぜかというと、DHAやEPAには血液を固まりにくくしたり血栓を防ぐ効果がありますから頭の中の血液も固まりにくくしてくれます。動脈硬化は血管が固まる病気ですから血管を柔軟にして血液の流れをスムーズにして神経を圧迫しにくくしてくれるからと考えられます。

 

ですので、本当は「青魚を1日1皿」食べたいところですが、自炊しない人はコンビニでは青魚なんて売ってませんしスーパーで買ってくるしかありません。ですが、青魚も安くありませんので毎日というのは大変です。そこでオススメなのがDHAEPAサプリで毎日気軽に摂取するということです。

 

DHAは脳に良いと注目されている

最近では妊婦さんや子供向けの受験用サプリとしても販売されるなど注目を集めています。

 

赤ちゃん向けのミルクにもDHAが配合されているとアピールしているほどで摂取しないのとするのでは知能指数に違いがでると実験結果がでているほどですから脳内に大きな影響を与える成分です。

 

中性脂肪やコレステロール値が高い人は血管が硬くなっている可能性があります。その場合、脳内の血管も当然柔軟性がなくなりますので頭痛と関係性があると思います。

 

あわせて読みたい記事