EPAとDHAの違いを知ろう

EPAとDHAは、どちらも魚の脂に含まれる成分です。よく似た成分ですが、機能・働きが異なります。そこで今回は、EPAとDHAの成分の違いをご説明します。

 

DHAやEPAとは?

DHAの正式名称は「ドコサヘキサエン酸」といいます。EPAの正式名称は「エイコサペンタエン酸」です。どちらも不飽和脂肪酸であり、青魚のサラサラ成分として、人気の健康成分です。

 

この2つの成分は主に魚の脂に含まれています。さんま、さば、いわし、ぶりなど脂ののった青魚に豊富に含まれているのです。

 

かれいやひらめ、ふぐなどの白身魚にも含まれますが、その量は青魚の方がダントツに多いようです。

 

グリーンランドに住むイヌイットは、野菜をほとんど食べません。ですが、健康的な毎日を送っているようです。

 

これには、彼らがアザラシやクジラなど脂肪分が非常に多い魚を食べていることと関係しています。もちろん、アザラシやクジラには、豊富にEPAとDHAが含まれています。

 

EPAとDHAはなにが違う?

EPAとDHAの2つの成分の働きはとても似ています。実際、体内でEPAがDHAに変化するほどですから、あまり違いはないように思えます。

 

どちらの成分も、体内で同じα‐リノレン酸から変換され、どちらの成分にも、めぐりの良い健康な毎日をサポートしてくれます。

 

EPAとDHAは、どちらも健康に重要な成分ですが、それぞれ特徴があります。

 

EPAは、青魚のサラサラ成分がめぐりを維持する働きや前向きな気持ちをサポートし、DHAは、考える・覚える力や健康維持に重要な働きをします。

 

どちらも、生活習慣が不安な方のサポートをしてくれる嬉しい成分です。

 

サントリー記事下