DHA・EPAサプリを飲んでサラサラになりませんか?

DHAEPAサプリ集合写真

これだけのDHA・EPAサプリを買って飲んでみました!

 

※2017年4月現在、DHA・EPAサプリを40種類以上試しました!

 

DHA・EPAサプリを40種類以上買って比較してみた結果おすすめはこちら 健康診断で数値が高いと指摘された
DHA・EPAサプリを40種類以上買って比較してみた結果おすすめはこちら いつまでも若々しく、健康でいたい
DHA・EPAサプリを40種類以上買って比較してみた結果おすすめはこちら 魚嫌いな子ども、夫をどうにかしたい

 

健康診断で数値が高いと指摘された。肉ばかり食べていて魚を食べない。魚嫌いな子供や夫の健康が気になる。そんな悩みはありませんか?

 

青魚に含まれるDHAやEPAを配合しているサプリならサラサラ成分たっぷりで魚を食べない、嫌いな人でも問題なく飲めます。サプリだったら手軽に1日数十円からDHA・EPA不足分を補えるし、魚臭くありません。

 

魚の刺身を毎日買って食べるよりも安く毎日続けて摂取することができるのがDHA・EPAサプリの大きなメリットです。

 

 

当サイトが推奨するDHA・EPAサプリの選び方

  1. DHA・EPA合わせて400mg以上配合のサプリを選ぶ
  2. 酸化防止剤が入っているサプリ
  3. メーカーが信頼できる確かな品質のサプリ

 

DHA・EPA合わせて400mg以上配合のサプリを選ぶ

50歳以上では約400mg、49歳以下では何と約800mgもDHAやEPAの摂取量が不足しています。

 

ですので、十分な摂取量が配合されているサプリを選びましょう。なかにはちょっととしか入っていないのに効果がありそうなことを書いて売られているサプリもあります。

 

週に1回以上魚を食べるという人は約400mg程度、まったく食べないという人は600mg以上配合されているサプリがおすすめ。

 

酸化防止剤が入っているサプリ

DHAやEPAは酸化しやすく一番いいのは刺身を食べることです。

 

ですが、スーパーで買うにもちょっと高いですしコンビニでは売ってませんから日ごろ忙しい方はなかなか食べれません。かといって揚げたり煮たり焼いたりするとDHAやEPAは逃げてしまうんです。

 

品質を保ったまま体内に摂取するには酸化防止をする必要があります。

 

酸化防止剤としてビタミンEやセサミン、クリルオイルなどが配合されているサプリを選んだり、個包装になっていて1日分が小分けになっていれば酸素に触れにくいので酸化しづらいため、そのようなサプリを選んだほうがいいでしょう。

 

メーカーが信頼できる確かな品質のサプリ

聞いたことのない会社のサプリよりも聞いたことのある大手のメーカーのほうが安心感はありますよね。

 

大手でもあまりおすすめできないサプリを作っていたりしますが、GMPという品質管理基準を満たしている製造工場で製造されているか。試験できちんと結果が出ているか。機能性表示食品の届出を出しているか。などが選ぶ基準となります。

当サイトおすすめのDHA・EPAサプリ

  • とにかく売れているDHA配合サプリ
  • DHA配合量が多いDHAサプリ
  • EPA配合量が多いEPAドリンク
  • EPA配合量が多いEPAサプリ
  • 妊娠中・授乳中の女性に嬉しいDHAサプリ

とにかく売れているDHA・EPAサプリを選ぶなら「サントリーDHA&EPAセサミンEX」

サントリーDHAEPA

 DHA市場売上11年連続第1位
 累計販売数3,000万本
 考える力をサポートするサプリをお探しなら

サントリーウェルネスが販売しているDHAEPAサプリメントが「サントリーDHA&EPAセサミンEX」です。
DHAやEPAだけでなくゴマの稀少成分セサミンをはじめ、玄米由来のオリザプラスや大豆由来のビタミンEで酸化しやすいDHAやEPAを酸化からガードしています。

配合量 DHA 300mg

EPA 100mg

価格

定期お届けコースなら10%OFF、送料無料
定期毎月1本 5,500円→4,950円+税
通常 1本 5,500円+税
※いつでも休止可能

1日当たり 定期コース 165円

通常 183円

 

DHA配合量が多いDHAサプリを選ぶなら「美健知箋EPA&DHA」

佐藤製薬 美健知箋EPA&DHA

 DHA 550mg、EPA 200mgの合計750mg
 まずはお試し30日分が1,000円で買える
 酸化しにくいシームレスカプセルで溶けやすい

ユンケルで有名な佐藤製薬が販売している「美健知箋EPA&DHA」はDHAの配合量が550mgととても多いのが特徴です。
製薬会社が製造していますので品質の高さは間違いありません。直径3mmの小粒カプセルで飲みやすく大きい粒のサプリが苦手という人にもおすすめです。アルミパック包装で飲む直前まで酸化を防ぎますのでサプリの劣化を防ぎます。

配合量 EPA 200mg

DHA 550mg

価格 初回おためし 1,000円

2回目以降 4,980円

1日当たり 初回 33円

定期コース 166円

 

EPA配合量が多いEPAドリンクを選ぶならニッスイ「イマークS」

イマークS

 EPA 600mg、DHA 260mgで合計860mg
 まずはお試し10本セットが1,000円で買える
 試験結果で中性脂肪値の減少結果が出ている

特定保健用食品
ニッスイのイマークSはEPAの配合量が多く1本あたり600mg摂取できます。DHAも260mg配合されているので合計で860mgとDHA・EPAの量は多いです。
他のサプリは粒タイプが多いのですが、珍しいドリンクタイプです。魚臭いわけではなくヨーグルト味に仕上がっていますが好みで味が苦手という人も多いのでまずは1,000円で試してみることをおすすめします。

配合量 EPA 600mg

DHA 260mg

価格 初回おためし 1,000円

20日ごと20本 5,000円

1日当たり 初回 100円

定期コース 250円

 

EPA配合量が多いEPAサプリを選ぶならマイケア「さかな暮らし」

マイケア「さかな暮らし」

 EPA 600mg、DHA 260mgで合計860mg
 ドリンクタイプよりサプリの粒がいいなら
 中性脂肪が高めの方におすすめ

機能性表示食品
血中中性脂肪を下げたいならマイケアのさかな暮らしがおすすめ。イマークSはドリンクタイプですが、マイケアのさかな暮らしはサプリタイプで1日6粒飲めばEPAが600mg、DHAが260mg、クリルオイル100mg摂取できます。

配合量 EPA 600mg

DHA 260mg
クリルオイル 100mg

価格 定期コース 2,520円
1日当たり 初回 84円

さかな暮らし

 

妊娠中・授乳中のママにうれしいDHAサプリ「ハグラビ」

ハグラビ

 DHA 300mg
 重金属、放射能、残留農薬検査を定期的に実施
 女性にうれしい美容成分も配合

妊娠中や授乳中の女性には摂取したいDHAを安全に飲めるよう作られたのが「ハグラビ」です。DHAだけでなく亜麻仁油やクリルオイルを配合。
6種類以上の美容成分(コラーゲン・アスタキサンチン・ヒアルロン酸・エラスチンなどを含むマリンプラセンタ)を徹底した品質管理のGMP認定工場で製造。会員特典として栄養管理士が出産までの食事をずーっとサポートしてくれます。

配合量 DHA・EPA 300mg
価格 初回おためし 980円

2回目以降 2,980円

1日当たり 初回 約33円

定期コース 99円

DHA・EPAとは

青魚

まずはDHAやEPAについて知っておきましょう。青魚に含まれるDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)とはサラサラ成分で人間に必ず必要な必須脂肪酸のひとつです。

 

青魚に含まれる不飽和脂肪酸は常温でも固まりにくいサラサラ油なので中性脂肪やコレステロールを調整する働きがあります。(逆に肉に含まれる脂肪酸は固まりやすくドロドロにしてしまう原因になります)

 

厚生労働省によると一日1,000mg以上摂取する必要があるDHA・EPAですが食事だけでは全く足りていません。最近の食生活で魚を食べる家庭が減っているからです。

 

しかも、一般的な食事で摂取しようと思ったらカツオの刺身で99切れ、マグロ赤みの刺身で9人前以上!などとても多くの食べなくてはいけません。焼き物にすると20%、揚げ物では50%も減ってしまいます。DHA・EPAはとても酸化しやすいからです。

 

30代以上の男女ではDHA・EPAは1日の摂取目標量1gに対して不足しているのが現状です。

 

日本人はDHA・EPAは摂取量が不足しています

DHA・EPA摂取目標量

 

DHA・EPAが足りない生活を続けていればドロドロになり数値は上がり健康診断の結果も当然悪くなって引っかかります。

 

肉が大好きで全く魚を食べない人や最近うっかりが増えた、老後がこわい、子供の成績を良くしたい、子供や夫が魚嫌いで食べてくれないと悩んでいる奥さんにオススメなのがDHA・EPAサプリメントです。

 

DHA・EPAサプリに配合されているサポート成分の紹介

 

DHA・EPAサプリにはDHAとEPA、酸化防止剤としてビタミンEだけでなく、他にも体によいサポート成分を配合しているサプリがありますので成分についてご紹介します。

 

  • α-リノレン酸(亜麻仁油、しそ油)
  • セサミン
  • オリザプラス
  • クリルオイル
  • アスタキサンチン
  • ケセルチン
  • クロセチン
  • スワクレン

 

α-リノレン酸

えごま油や亜麻仁油(あまに)に特に多く含まれていてDHAやEPAと同じ必須脂肪酸です。体内でDHAやEPAを生成しますが、DHAやEPAは魚に多く含まれるのに対して、αリノレン酸は植物に多く含まれます。

 

さまざまなドロドロを予防する作用がありますのでそれらが気になるのであれば積極的に配合されているサプリを選びたいところです。DHAやEPAと同じく体内では作られない成分ですので食品から摂取する必要があります。

 

セサミン

ごまに含まれる成分ですが、ゴマ100g中にたったの約500mgしか含まれていない希少成分なんです。抗酸化作用の強く若々しさをキープしたい人におすすめの成分です。

 

オリザプラス

オリザプラスは玄米から抽出されたサントリー独自の健康成分です。

 

クリルオイル

クリルオイルの原料は南極に生息している「南極オキアミ」という生物です。エビに似た外観をしていますがプランクトンの仲間です。クリルオイルはそのオキアミから抽出された脂質成分でオメガ3脂肪酸を含んでいます。クリルオイルにはアスタキサンチンを含有していて強い抗酸化作用を持っています。

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンには高い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは体内の酸化をさせる活性酸素による細胞の酸化を弱めたり除去する働きです。つまり、体の老化を防ぎ、お肌のトラブルを防ぐ効果があるといわれています。

 

ケセルチン

ケセルチンとはポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。たまねぎに多く含まれていますが、残念ながら一番多いのはたまねぎの茶色の皮の部分なんです。つまり、食べるときに捨てられるのでほとんど口に入ることはありません。

 

ですが、ケルセチンが血中中性脂肪の上昇を抑制するという研究結果が出てから注目されている成分です。

 

クロセチン

クロセチンはクチナシの果実やサフランに多く含まれる黄色の天然色素で強い抗酸化力があります。水にも溶けやすい成分で体内にも吸収されやすい特徴があります。眼精疲労の軽減、血流を改善するなどの効果がきたいできます。

 

スワクレン

スワクレンは深海鮫(しんかいざめ)の肝油から抽出した成分で人間の体内にもあり皮脂の中に含まれていますが、20歳を過ぎると体内の生成量が減少します。血液を浄化する効果や美肌効果、免疫力や新陳代謝を高める効果があります。

 

 

DHA・EPA配合サプリのよくある質問

DHAやEPAはどんなものに入っている??
DHAやEPAは主に青魚に豊富に含まれています。青魚は呼ばれる見た目が「背の青い魚」の総称です。いわしやまぐろ、さば、さんま、さけ、あじ、ひらめなどに多く含まれており、肉などにはない成分です。ですので、日ごろから魚を食べない人は不足しており摂取しなければ血中コレステロールが高くなり動脈硬化などの危険性が高まります。しかも、DHAやEPAは酸化しやすく煮たり焼いたり揚げたりすると流れ出して減ってしまいます。ですので、本来は刺身を食べることが理想的です。

他にはえごま油やアマニ油というごまの一種から抽出した油も同じオメガ3脂肪酸の仲間でαリノレン酸を含んでおり、体内でDHAやEPAに変換されます。種から抽出した油に含まれている成分でサラダやスープにかけて食べられます。ただ、サラダ油と比べて高くアマニ油150gで1000円近くします。(サラダ油なら1400gで600円程度と高級な油です)熱に弱いため、ドレッシングにしたりそのまま飲んだり熱を加えずに食したほうがいいです。

DHA・EPAサプリには副作用がある?
DHA・EPAサプリで摂取できるDHAやEPAは副作用が気になる人もいるはずです。でもサプリは医薬品ではなく食品です。ですので、基本的に副作用はありません。DHAやEPAは青魚を原料にしているので普段から口にしているものです。DHAやEPAの1日目安摂取量である1gを守っていればもしケガをした箇所から血が止まらないなどといったことはありません。ただ、飲みすぎるとめぐりが良くなりすぎて頭痛が起きたという人もいらっしゃるようです。副作用についてはこちらのページでも紹介しています。
DHA・EPA配合のサプリはコンビニや薬局、ドラッグストアでも売ってる?
DHAやEPAが配合されているサプリはコンビニではDHCのEPAが売られているのを見たことがあります。ですが、いくつも種類を売っているわけではありません。DHCのEPA以外にも配合量が多いサプリや品質の高いサプリもあります。

薬局やドラッグストアでもDHA・EPA配合のサプリをいくつも見かけることはありません。全国で小売りしている小林製薬ディアナチュラDHCなどが多くほかのDHAEPA配合サプリはネット販売を主にしているところが多いのが現状です。

DHAやEPAは子供にも飲ませられる?飲ませたほうがいい?
DHAは子供の勉強のサポートに摂取するとおすすめです。ですが、一般的に売られているDHAサプリは成人以上を対象にしたものですから、小さい3歳ころから食べれるDHAサプリに感してはこちらの子供向けDHAサプリを比較した記事にまとめましたので参考にしてください。
DHAは妊娠中や授乳中のママも摂取したほうがいい?
DHAは赤ちゃんの発育によいとされ、粉ミルクにも配合している成分です。ですので、赤ちゃんの神経系が発達してくる妊娠後期頃から積極的に摂取したいところです。ですが、刺身など生魚ばかり食べていると水銀を含んでいる可能性があります。水銀がママを通して赤ちゃんに届いてしまい、悪影響が出る可能性があるためサプリメントでの摂取がおすすめ。

水銀検査はもちろん、放射能検査などしっかりしているDHAサプリメントはこちらの記事で紹介しています。

DHA・EPAサプリランキングについて

最近注目されているDHAとEPAを配合しているサプリメントを紹介しています。DHAは頭にEPAは血液や血管に良い研究結果がでており1日に1gの摂取を厚生労働省が推奨してはいますが、全世代でDHAやEPAの摂取量は不足しています。近年の食生活が肉メインになり魚を食べる習慣が失いつつあります。魚は調理も面倒ですし、肉よりも高いですから積極的に食べられない食物です。ですが、肉の脂とは違い、魚の脂は常温でも固まりにくいので体にも良いんです。血液は人間の体にとってとても大切な器官です。

 

↑当サイトおすすめのDHA・EPAサプリはこちら

更新履歴