DHA・EPAサプリでサラサラになりませんか?

DHAEPAサプリメント

DHA・EPAサプリを買って飲んでみました!

 

中性脂肪、コレステロール値を下げる?DHA・EPAサプリの効果・おすすめ・比較 中性脂肪・LDLコレステロール値が高い
中性脂肪、コレステロール値を下げる?DHA・EPAサプリの効果・おすすめ・比較 肉中心の食生活で魚を食べていない
中性脂肪、コレステロール値を下げる?DHA・EPAサプリの効果・おすすめ・比較 魚嫌いな子ども、夫をどうにかしたい

 

健康診断で中性脂肪やLDLコレステロール値を指摘された。肉ばかり食べていて魚を食べない。魚嫌いな子供や夫の健康が気になる。そんな悩みはありませんか?

 

青魚に含まれるEPAとDHAを配合しているサプリならサラサラ成分たっぷりで魚を食べない、嫌いな人でも問題なく飲めます。魚臭くありませんし、魚の刺身を買ってくるよりも安く毎日続けて摂取することができます。

 

DHA・EPAとは

青魚

まずはDHAやEPAについて知っておきましょう。青魚に含まれるDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)とは血液のサラサラ成分で人間に必ず必要な必須脂肪酸のひとつです。

 

青魚に含まれる不飽和脂肪酸は常温でも固まりにくいサラサラ油なので中性脂肪やコレステロールを調整する働きがあります。(逆に肉に含まれる脂肪酸は固まりやすく血栓や血液をドロドロにしてしまう原因になります)

 

厚生労働省によると一日1,000mg以上摂取する必要があるDHA・EPAですが食事だけでは全く足りていません。最近の食生活で魚を食べる家庭が減っているからです。

 

しかも、カツオの刺身で99切れ、マグロ赤みの刺身で9人前以上!などとても多くの食べなくてはいけません。焼き物にすると20%、揚げ物では50%も減ってしまいます。DHA・EPAはとても酸化しやすいからです。

 

30代以上の男女ではDHA・EPAは1日の摂取目標量1gに対して不足しているのが現状です。

 

日本人はDHA・EPAは摂取量が不足しています

DHA・EPA摂取目標量

 

DHA・EPAが足りない生活を続けていればドロドロになり中性脂肪やコレステロールの値は上がり健康診断の結果も当然悪くなって引っかかります。

 

肉が大好きで全く魚を食べない人や最近朝起きたときに指がピリピリしている、夫が魚嫌いで食べてくれないと悩んでいる奥さんにオススメなのがDHA・EPAサプリメントです。

 

当サイトおすすめのDHAEPAサプリメントランキング

大正DHA・EPA

大正製薬DHAEPA

 

 1日5粒にDHA・EPAが600mgも配合
 個包装だから酸化しにくく持ち運び便利
 初回75%オフの1,000円から始められる

 

実はDHA・EPAは酸化しやすい弱点があることをご存知ですか?一般的なDHAEPAサプリメントはボトルタイプやチャック袋で全部一緒に保存されているので毎日開け閉めしていると湿度や空気で酸化して成分が劣化してしまいやすいんです。

 

でも、大正DHAEPAなら個包装で小分けしてあるので飲む分だけ持ち運びでき、酸化しにくくなっています。

 

価格 送料 容量
定期初回1,000円 無料 1箱30袋/1日5粒

大正DHAEPAの詳細はこちら

味の素DHAEPA+ビタミンD

味の素DHAEPAビタミンD

DHAEPAだけでなく、最近話題の亜麻仁油のα-リノレン酸配合、ビタミンDを配合しています。
詳細はこちら

サントリーDHA&EPA+セサミンEX

サントリー DHAEPAセサミンEX

DHAEPAに加えて、セサミン、オリザプラス、ビタミンEなどサラサラ成分がたっぷり配合されています。
詳細はこちら


 

よくある質問

中性脂肪、LDLコレステロール値が高いのをほったらかしにしておくとどうなる?

健康診断などで指摘されても何も対策しなければ血管が劣化して動脈硬化が始まります。最後には血管が詰まって脳梗塞、心筋梗塞や血管が裂けて出血する脳出血、大動脈解離などさまざまな重い病気の原因となります。つまり、このまま放置をしていても何も良いことはありません。

中性脂肪、LDLコレステロール値が高いのはどんな人?

脂っこい食生活ばかりの人、和食より洋食を好む人、運動習慣のない人、中高年、高血圧、喫煙者、糖尿病、メタボリックシンドローム症候群の人です。つまり、生活習慣、食生活、運動習慣を変えなければいけません。

中性脂肪、LDLコレステロール値を下げるには?

基本的に食生活、生活習慣などを見直す必要があります。まずは食事を食べすぎない。肉ばかりではなく和食、魚、野菜なども食べることです。規則的な生活、禁煙、お酒を飲みすぎない。ストレスをためすぎない。適度な運動。ジョギングは必要ありません。毎日歩くということ。
そして、もしこれらが大変であると感じたら当サイトで紹介している不飽和脂肪酸であるDHA、EPAが配合されているサプリメントを毎日飲むことも対策としておすすめです。

DHAやEPAにはその他どんな効果がありますか?

DHAは脳内にもある成分で、DHAが不足すると脳内セロトニンが不足し多動性障害を引き起こすと言われています。DHAを摂取するとアルツハイマー型痴呆やうつ病などの疾病に有効な他、高血圧の予防、アトピー、花粉症などのアレルギー疾患の予防、視力の向上、抗がん作用、緊張型頭痛を和らげたり、月経痛の痛み軽減など幅広い作用があると言われています。
EPAには動脈硬化を防ぎ、アトピー皮膚炎や花粉症のアレルギー症状の改善などがあります。一部は体内でDHAに変換されますがEPAは安定化させたEPAエチルとして国内で医薬品としても医療されるほどです。

更新履歴